2020年2月4日火曜日

『八ヶ岳の我が家はオール電化』


八ヶ岳の我が家の話をすると、皆さん、ログハウスですか? 薪ストーブですか?
と、よく聞かれます。
白状します。
ごくごく普通の住宅です。
今までも、何枚か我が家の写真を掲載していますので、もうご存知ですよね。
もちろん薪ストーブなどありません。
暖房は、エアコンと、ファンヒーターです。
そして、オール電化です。
自然との共生、持続可能な社会を考えている者がそのような暮らしでいいのか! と、叱られそうです。
はい、それも重々考えました。
でも、老いた時の薪割の大変さは、十分に想像できるだけの、薪割もしてきました。
もう、薪割は勘弁してほしいと思います。

亡くなった義父と義母が暮らしていた家で、ある時、着ているはんてんの袖が焦げているのを見つけました。
ガスでお茶を沸かすときに、袖を焦がしたのです。
本人は気づいていませんでした。
しかし、私は肝を冷やしました。
本人たちは大丈夫だと言っていましたが、無理やり、IHに切り替えました。

そんな経験があり、年を取った時、自分達のことを考えて、オール電化にしました。

そのかわり、少しお金をかけて、太陽光発電を屋根に乗せました。

ほぼ、使う電気代と同じ額の電気を電力会社から、受け取っています。
正確ではないかもしれませんが、自分が使う電気は自分のところで作っていると思っています。

本当は、売電ではなく、蓄電をして、本当に自分の家の電気は、自分の家で作ったものを使えるといいのですが、家を建てた当時はまだそのようなシステムは高額でとても据え付けられませんでした。家を建てる予算の4分の1ほどの額だったのです。

今はずいぶんと、その蓄電設備も安くなってきました。
それでも100万円から200万円はするようです。
でもきっともっと安くなるでしょう。安くなってほしいと思います。
自分の家で、電気を作って、その電気で暮らせば、原子力発電所なんかいらないわけですよね。

工場だってそうです。
太陽光発電だけでは工場は難しいかも知れません。
地方の工場なら、近くに渓流があるでしょう。
先日、秩父の方に仕事で行ったなら、小電力発電の跡というのを見ました。
今なら、近くの渓流でそのような発電設備を工場が作ることはそれほど難しくないのではないでしょうか。

みんなで、もっと真剣に考えましょう。

2020年1月6日月曜日

『2020年という年はどういう年でしょう』


















今年は、猫も杓子も、東京オリンピックで盛りあがっていますが…
少し辛口のお話を申し上げます。
2020年は、終戦から75年になります。戦後100年まであと25年です。
この75年、日本はどうなってきたのでしょう。
そして、あと25年先はどうなっているのでしょう?
戦後100年は、どう考えても一つの節目の年だと思えてなりません。

教育のことを考えると、
学校教育が、教育のすべてのような社会になってしまってはいないでしょうか?
実際、安倍総理は、『学校教育』のことを話すときに、学校をつけずに『教育』と言います。
教育は、学校でだけ行われるものではないということを、国民全体が、考え、理解し、行動する25年にしなくてはいけないのではないでしょう。
そのために、私は、自然の中での体験活動の指導者(教育者)を一生懸命に育てていこうと思っています。

皆さんのご家庭では、どのようにお子さんを育てていかれますか?教育されていますか?
地域では、子どもたちをどう育てていますか?教育していますか?

今までは、そんなことを、わざわざ考えなくても、自然にお父さんお母さんは子供を育てていたでしょう。
地域では、お年寄りや、おせっかいおばさんのような方々が道行く子供たちに声をかけ、青年団や、子供会があり、子供たちは見守られ、育てられたでしょう。

しかし今、子どもをどうやって育てたらいいかわからない親御さんのなんと多いことでしょう。
地域の組織や、人と人のつながりは完全といっていいほど崩壊しています。
もう一度、みんなで考えて、家庭や地域の教育の仕組みを作り上げなくてはいけない時代なのです。
しかし、東京と、中山間地域ではその仕組みは全く違うものでしょう。
すなわち、国が、旗を振ってみんな同じように作ることは不可能なのです。

みんなで考えて、それぞれが作り上げていかなくてはいけない時代なのです。
その時に必要な、それぞれの地域でキーマンとなる指導者を育てなくてはいけないと、焦りにも似た気持ちで、今年も頑張ります。